芥川賞『ニムロッド』『1R1分34秒』

芥川賞『ニムロッド』『1R1分34秒』

毎回、芥川賞と直木賞は読んでます。

 

芥川賞は

発表後に文藝春秋に全文掲載される

雑誌なのですぐに買わないと!

家にあれば気になってすぐ読む

という感じすぐ読むことが多いです。

 

これに対して直木賞は

オール讀物に一部しか掲載されない

そのうちKindleで読もう

すっかり忘れる

というパターンで後回しに。

 

今回も例に漏れず早速芥川賞から読みました。

文藝春秋で受賞の二作品が1,000円で読めてオトク。

上田岳弘『ニムロッド』

町屋良平『1R(いちらうんど)1分34秒』

どちらもiPhoneが頻繁に出てきます。

どちらも作家(小説と映像)志望の友人が出てきます。

似ていると思うのは私だけでしょうか?

どちらも読みやすくておもしろかったですよ〜