芥川賞『首里の馬』『破局』

芥川賞『首里の馬』『破局』

2作品受賞の今回の芥川賞。

文春の発売を待って読みました。

 

高山羽根子『首里の馬』

第160回直木賞『宝島』と同じ、舞台は沖縄。

でも『宝島』は沖縄感満載なのに対し、こちらはかなり控えめ。

沖縄の言葉が使われていないから、そう感じるのでしょう。

「言葉に沖縄特有のイントネーションが出ませんね」と言われる生まれも育ちも沖縄の主人公。

他の登場人物は大阪、東京、外国…

なるほど!人物設定で方言を回避してるのね。

 

遠野遥『破局』

「真面目」な主人公、そしてこれに合わせて真面目に書かれている作品。

肉体、警官、カフェラテなどの伏線がちゃんと回収されていき、スピード感の緩急をつけつつ、ラストは猛スピード!からのスローモーション。

次作も楽しみです!

 

ちなみに、今回の直木賞は「犬を愛する人に贈る感涙作」とのことですので、パスしま〜す。