芥川賞『百年泥』『おらおらでひとりいぐも』

遅ればせながら芥川賞2作品を読みました。

image

文春で両方読めてオトク。

image

「百年泥」

インドの混沌とした雰囲気が伝わってくる作品。

なんとなく三島由紀夫の豊饒の海の第三巻「暁の寺」をもう一度読みたくなりました。

image

「おらおらでひとりいぐも」

普段、あえて鈍感にしている部分が刺激されてしまいました。メメント・モリです。

直木賞は電子書籍で読もうかな!?