吹屋ふるさと村

高梁の観光名所「吹屋ふるさと村」に行きました。

着くまでの道のりが本当に大変でした。

山に入ってからの道がびっくりするくらい細く、くねくねしていて、いつまでたっても到着しない。ナビもお手上げなのか案内してくれない。幸い対向車は少なかったのですが、ものすごく神経を使ってもうヘトヘト😓。

image

駐車場には県外ナンバーの車も結構いました。

まずはベンガラの街並みを見ることにします。

image

「弁柄(ベンガラ)」とは、鉄鉱石を原料に、様々な工程を経て作られる赤褐色の顔料のことです。

江戸時代、全国で初めて、ここ吹屋で生産され、現在私たちの身の回りでも、多くのものに使われているそうです。

中部、近畿以西では家屋の塗料としても用いられ、このような美しい街並みを見ることができます。

image

布の染色用としても。

おみやげ屋さんには、ベンガラ染めのスカーフや扇子などがありました。

image

メインストリートの奥まで歩いてくる人はほとんどいません。とても静か。ウグイス?の鳴き声が時々聞こえ、良い雰囲気でしたよ。

image

駐車場の近くには、ヤギのサニーちゃんがいました。

カメラを向けたらこっちをじーっと見てくれましたよ。かわいかった😍。