プロフィール

長安孝浩

ながやすたかひろ

税理士


1974年、岡山生まれ。

小中学校は広島、高校で岡山に戻る。

 

2年(!)の浪人生活を経て、立命館大学文学部に入学。

じっくり6年(!!)かけて卒業。

 

そして無事フリーターに。

ハンバーガー屋さんで朝から晩まで楽しくアルバイト。

 

母の「税理士くらいならなれるじゃろ」の一言で勉強開始。

しかし、文学部出身なので簿記知識ゼロ。

さらに税理士試験の受験資格すらなく、途方に暮れる。

とりあえず受験資格の日商簿記1級を目指して勉強開始。

そして、なんとか合格。

 

当時、すでに28歳。

いい加減ヤバイとやっと気づき、就職活動開始。

2浪2留のフリーターなので、もちろん面接でボロクソに言われる。

会計事務所ばかり受けていたが圧迫面接に耐えかね、人材紹介会社に言われるがまま名古屋の某大手食品メーカーに応募し、なぜか採用。

 

そこで経理のおいしいところ、加えて上場準備、いわゆるIPOを担当。

さらに、東京のコンサルティング会社や税理士法人で財務デューデリジェンス、IPO支援、内部統制整備などを経験。

その後、上場企業に勤務しながら税理士試験5科目合格。

母に「税理士くらい」と言われたものの、結局10年以上かかっちゃいました。

 

東京税理士会目黒支部で税理士登録。

その後、地元岡山で開業しました。